運のいい、あなたへ④

運のいい、あなたへ4 羅天海

神社には、いろいろな生き物が存在します。
一番多いのが「蟻」そして「蜘蛛」、「蚊」などなどです。

これらの生きものに対して「運のいい、みなさん」なら、決して
殺したりは、しないでしょうね。

どんな生きものにも「命」があります。

地面に、たくさん存在する「蟻」を、よけて通るのは無理でも
なるだけ、意識としては踏まないで歩くようにしていますが
それでも、踏んづけることが多々あると思います。

そんな場合、神社の境内では「ゴメンね」と声をかけながら
歩くようにしています。

神社で、いろいろな神様の気をいただくために
腰かけていますと、たいてい「蟻」が、腕に這いあがってきます。

こんにちは、よう来たね、と声をかけるようにしています。

蟻だけではありません。
蚊も手や腕に止まります。そんな場合でも、
決して振り払うようなことはしません。
もちろん、叩いて殺すようなことは決してしません。

みんな「命」がありますから…

蟻であれ、蚊であれ、
それが、わかっているようで
蚊でさえ、決して刺すことはありません。
蟻は手や腕のあたりを、しばらく遊んでは、どこかへ姿を消します。

また、おいでねと
姿が見えなくなった蟻や蚊に声をかけます。

馬鹿馬鹿しい、と思う方も、おられるかと思いますが
こういうう「心がけ」って必要ではないでしょうか?

運のよい「あなた」には、わかっていただけると信じています。

実際、何かのはずみに足を滑らせたときも、転倒することもなく
「ああ、危なかった…」と、ホッとできるのも、
ひょっとしたら「蟻」に守られていたのかな、と思い
「蟻さん、ありがとう」と声を出して言います。

生きているもの、それが「害虫」であっても、殺傷しないのが
神社境内での取り決めです。

この習慣は、いつか神社境内だけでなく、あらゆる場所でも
心がけるようにしています。

「運のいい、あなた」が
ますます、運がよくなりますよう、心から祈っています。

ではまた… おしあわせに…  (羅天海)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

羅天海  天の気・地の気・人の気 - にほんブログ村

※営利・非営利に関わらず無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。